第78回野尻学荘アウティング 火打山

こんにちは。Webディレクターの純平です。

野尻学荘を終えて時間が経ちましたが、今年の野尻学荘のアウティングの様子を紹介していきます。

中学2年生7人とリーダー2人のグループで、火打山へ一泊で向かいます。

今回は準備編です。

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

主な装備はテント3張、シュラフ(寝袋)、調理用のガスバーナ。

水は各人の持参した2リットル・ペットボトル一本ずつと、共用その他で使う2リットル・ポリタンクが人数×1つずつ。

あとは一泊分の食料と登山中にちょくちょく栄養補給をするための軽食類。

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

まずは1年間倉庫にしまわれていたテントを、設営練習をかねてグラウンドで立ててみます。

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

夜には山行ルートの確認をします。同時に山行計画書の作成もします。山に登るメンバーの名前や生年月日などを記入します。これは「グループで持っていく分」と「入山届けとして提出する分」と「キャンプ場で保管する分」の3部作成します。

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

それぞれ自分の荷物をパッキングして翌日の出発に備えます。

93a4ea5d1caa7368d366f7e729a87c0e 第78回野尻学荘アウティング 火打山

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る