火打山/妙高山実地踏査2

言い忘れましたが、これは8月の1日のお話です。

それでは実地踏査2はじまり

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

朝だ、寝覚めは良好、寝癖も良好、奥に見えるのは黒沢ヒュッテの山小屋

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

出発の準備

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

天気も良好

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

そのとおりです。ちなみに隠れている文字は「山の」です。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

歩く男2

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

写真を撮るときに角度をつけたので大変な事になっています。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

あそこに見えるのが長介池だったかな

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

というわけで山頂。雲の中になってしまって景色は無し。真っ白

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

すかさず記念撮影

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

さらに後ろの岩場で撮影。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

昼ご飯を準備。塩分と水分をまとめて摂ります。缶詰も食べます。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

岩の向こうは絶壁と空しかありませんでした。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

歩く男3

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

良い子がまねしない方が良い男。注意:この岩場はかなりの急斜面です

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

鎖場

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

休憩ポイント、「風穴」。岩にできた穴から冷たい風が吹き出てきます。

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

なんとか下山

RIMG0183-580x435 火打山/妙高山実地踏査2

さあ家に帰りましょう。手前に写っているのはちーちゃん、左がタロウ、

奥に居るのはたまたま乗り合わせた知らない人です。

 

以上で今回の実踏はおしまい。あとは学荘本番を待つのみです。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る