火打山/妙高山実地踏査1

実地踏査(実踏)というのは、学荘中にあるアウティングのための下見です。

妙高山と火打山に登った様子を写真でお送りします。

今回は主に一日目の行程、出発から火打山山頂、黒沢ヒュッテでのテント泊までです。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

まずはYMCAの妙高高原ロッジのガレージで一夜を明かす。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

明朝出発。バスで登山口まで移動

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

登山口で記念撮影。みんな笑っていないけど心配しないでください。元気です。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

休憩ポイント、写っているのはタロウとミソバタの手

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

歩く男。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

ここが高谷池ヒュッテ

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

ここで昼ご飯。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

再び歩き始める。ほらみんな笑ってる。心配ないって言ったでしょ?

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

どんどん歩く

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

火打山山頂。山頂の碑が見えない。標高2400Mとか

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

早速下山、下の方に見えるのは先ほどの高谷池ヒュッテ

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

記念撮影

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

どんどん進んで、ここは「風の谷」と勝手に呼んでいる場所。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

そうこうしながら、一日目の宿泊地に到着。黒沢ヒュッテ。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

夜ご飯の準備。

RIMG00021-580x435 火打山/妙高山実地踏査1

山の上だとする事がないので、ご飯を食べたら寝ます。

次回は実踏2日目、妙高山へ登ります。お楽しみに。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る