野尻の今

今年は豪雪ということで各地で話題になっていますね。フワフワと降ってくる雪も水ですから、重さがあるんです。

この時期の野尻がどうなっているかというと、こういう事になっています。たかふみですこんにちは。

DSC_51501-580x385 野尻の今

グラウンドが真っ白。2mくらい積もっています。

DSC_51501-580x385 野尻の今

キツツキハウスの屋根からズリ落ちた雪が堆積していきます。

東京にいると屋根の縁には雨樋があることが多いと思います。

しかしこの地域では雨樋がないんです。雪の重さで壊れちゃうからですね。雪の時期になると取り外すような雨樋もあるみたいです。

DSC_51501-580x385 野尻の今

別荘Aです。

DSC_51501-580x385 野尻の今

メインホール。入口の庇(ひさし)に積もった雪を見ても大人くらいの高さがあります。雪は新雪なら1立方mあたり100kgほどです。これが時間が立つと圧縮される等して300〜500kgにもなります。1立方mでそれだけの重さなので、庇にはこれでも数トンの重さがかかっていると思います。屋根からの落雪に当たるなんて考えただけでも恐ろしい事です。そこらの車がぶつかるくらいの衝撃です。もっと分かりやすく言うとしんじが30人くらいのパワーです。恐ろしい事です。

 

DSC_51501-580x385 野尻の今

メインホール山側

DSC_51501-580x385 野尻の今

メインホール、ラウンジあたりから。もはや何がどこだか分かりにくいですが、まぁとにかくラウンジです。

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る